249F9157-AE9E-47E1-A2C4-D8C17D0A4744.png
sinn.jpg
​詳しくみる
IMG_3368.jpg
詳しくみる
66062d_df9c29acb37041f786ae8a2437c60175_
​詳しくみる
​詳しくみる
 
66062d_df9c29acb37041f786ae8a2437c60175_

当院は、筒形ではなく、両サイドが開けていて閉鎖性が少ない、0.25テスラの低磁場MRI装置を採用しています。

その為、狭い所が苦手な方にもご好評いただいております。(※個人差はあります)

​また、MRIの予約も受け付けていますが、ほとんどは即日MRIを受けることができます。(※予約状況によって変動あり)

e__g'0f__h(-e._-9-4.png
3D1B55B1-0D73-43BD-AC3C-F74CA9E4880A.png
477CF5B5-669D-4686-8013-5861AEE16656.png
B66F278C-C1D1-4FB9-AC21-AB1429336263.png

下記の項目は当日、対応することが困難な場合があるので、あらかじめ準備をお願いします。

e__g'0f__h(-e._-9-6.png
e__g'0f__h(-e._-9-2.png
e__g'0f__h(-e._-9-3.png
7B44073F-2C2E-4896-BE5E-8021F5C1D1C9.png
 
sinn.jpg

当院は、FPDパネルを採用しています。

パネルは、写真のフィルムの役割をしています。従来なら、撮影した画像を読み込み、また新たに撮影するまでの時間が長くかかりますが、FPDパネルは、パネル1枚で何度も撮影でき、画像の読み込みから次の撮影までの時間がほとんどかかりません。

​このことにより、より短時間に撮影を終わらすことができ、患者さんの負担も軽減します。

 
DBFE0A78-DA84-44C2-8888-EA5E81CBFF54.png
IMG_3368.jpg

当院は、DXA法による腰椎・大腿骨の骨密度測定装置を採用しております。

​検査結果は、即日発行してお渡しします。

骨粗鬆症について

e__g'0f__h(-e._-8-1.png

骨粗鬆症は、骨の量が減ったり、骨の強度が低下して骨がスカスカになる状態になることをいいます。骨粗鬆症になると背骨の骨が潰れる圧迫骨折や大腿骨頸部骨折になりやすくなります。​この病気は特に閉経後の女性や加齢とともにかかりやすくなります。

 

左の用紙は、実際にお渡しする結果用紙です。骨粗鬆症は、若い人の骨密度を100%として比較し、結果が70%未満だと骨粗鬆症と診断されます。また、複数部位で測定した場合は、より低い%値、SD値を採用します。

放射線部門では、より的確に、よりスピーディーを心掛け、患者さんの負担を少なくすることを心掛けています。

特に骨折など激痛を伴う疾患などは、体を動かすだけで一苦労だと思います。

そういった場合は、患者さんの負担が少なくなるような体位で撮影をしたりするなど工夫をしたりしています。

何か不安なことや気になる事がありましたら、お気軽にご相談ください。

E3B15A4B-7A9E-4D67-99CA-8818CF9508CA.png
 
C249FACF-7F66-4D0C-8E18-29BED3F7E0C9.png

下の用紙は、実際にお渡しする結果用紙です。骨粗鬆症は、若い人の骨密度を100%として比較し、結果が70%未満だと骨粗鬆症と診断されます。また、複数部位で測定した場合は、より低い%値、SD値を採用します。

6E2E8412-683E-4A99-841C-418167850755.png