September 29, 2019

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

第39回全日本スキー選手権 猪苗代大会 フリースタイル競技「コーチ帯同」 ④大会1日目 シングルモーグル

March 19, 2019

こんにちわ!理学療法士の廣島啓太です。

全日本選手権 大会当日の様子をお伝えします。1日目はシングルモーグルです。

シングルモーグルとは、選手がモーグルコースを滑り

審判の点数によって順位が決まります。

審判は7人います。

そのうち5人がターン(コブの滑り)、2人がエア(ジャンプ演技)を評価します。

点数は100点満点でターンが60点、エアが20点、タイムが20点です。

 

 

大会当日の朝は霧がかかっていました。

 次第に天候は回復し、絶好の大会日和となりました。

 

女子の予選から始まります。
スタートには選手が集まり、集中力を高めています。

大会当日の私の仕事は、選手のスキー板に付いている雪を除去したり

スタートまでの残りの人数を伝えることです。

スキー板や金具に雪が付いていると滑っている時にスキーが外れてしまうことがあります。

そのため、スタート前にはスキーやブーツの雪を除去します。

とても地味はことですが、選手はとても神経質になっているので些細なストレスも

かからないようにコーチは細心の注意を払います。

 

 選手をスタートまで送り出した後、コーチにできることは祈ることです。

 

 

ここでちょっと番外編。
こちらは審判席です。コースを見上げて、選手の滑りに点数をつけています。

コースに向かうリフトです。今年は暖冬のため雪が少ないです。
このような状況でのコース作りは、大変な苦労があったと思います。
大会を開催してくださった関係者の方々に感謝したいと思います。

奥に見えるのは猪苗代湖です。
猪苗代は観光地としても有名で田園風景がとても綺麗でした。

 女子の予選後は男子予選が始まります。

 

 

女子は28人中12名が決勝に進みます。
今回、帯同した女子選手 3名は、全員決勝に進み 6位・7位・11位という結果でした。


男子は57人中16名が決勝に進みます。
今回、帯同した男子選手 5名は、4名決勝に進み
8位・9位・13位・15位・22位という結果でした。
 

 

 

大会の後は、ビデオを確認して選手にアドバイスをします。

 

 

モーグルのスキーウェアに膝パッド(膝のマーク)が付いていますが、

最初から付いている訳ではありません。
 

 

シグネーチャーモデルを出しているような選手は最初からデザインされていますが、

ほとんどの選手は自分で膝パッドを縫い付けます。

こちらの選手もお裁縫セットを使ってウェアに縫い付けています。

 

次回は大会2日目。デュアルモーグルの様子をお伝えします!

次回で全日本選手権シリーズは最終回になります。

 

理学療法士 廣島啓太

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

アーカイブ